HALa9000s CINEcolumn

一番面白かった映画、死ぬまでに見たい映画など、名作からB級まで感想レビュー。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

ジャックと豆の木 (1974・日)

ついに、DVDが発売されました!伝説の日本アニメ!

★★★★★
98分/カラー
監督:杉井ギサブロー
音楽:三木たかし/井上忠夫/都倉俊一/阿久悠(歌詞)
声の出演:市村正親/山本リンダ/悠木千帆(樹木希林)/西村晃/左とん平

「ミュージカルファンタジー」と堂々映し出され、ファンキーな音楽とサイケな映像にあわせて左とん平がシャウトするオープニング。もうその時点で満点差し上げる。が、そのワクワクが最後まで続くんだからホントにすごい。貧乏なのに悲壮感がないジャックと肝っ玉おっ母と演歌犬クロズビー、ムーグチックな楽器をひいてる不思議を売る男、オドロオドロしく薄気味悪い雲の上のお城、そこに住む気が狂ってとろんとした目のマーガレット姫、家来のねずみたち、ハート柄パンツでおそいかかる巨人チューリップ王子、巨人症息子を利用しお城のっとり計画進行中のすっげー怖いノワール夫人。ロック、ポップ、ファンク、ブルース、エレクトロ(?)、演歌(!)とバラエティに富んだ素晴らしい音楽の数々。いやもうかききれない。それくらい、いい。
子供の頃、とにかく何度も見た日本のアニメ映画はこれと銀河鉄道の夜なのだが、その2本が同じ監督の手によるものだと知ったのはつい最近。どっかの説教じみたロリコンを評価する前にこの人をもっと評価した方がいいんじゃないか?日本のアニメ好きの皆さん。つーかサントラCDとDVDを出してくれよ!!頼む!!(2004年4月11日 20時13分 記)

……と、思っていたら、ついに出ました〜〜!この記事を書いてから実に10年以上経って、DVD発売!感無量!

<関連商品>
DVD:ジャックと豆の木 [DVD]
CD:山本リンダBEST(挿入歌「奇跡の歌」収録)
映画レビュー(邦画) | permalink | comments(48) | trackbacks(0) | pookmark |

ハウルの動く城 / HOWL'S MOVING CASTLE (2004・日)

自分たちは特別だとかいって優越感に浸ってる気持ち悪い感じ。


★★☆☆☆
119分/カラー
監督・脚本:宮崎駿
原作:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
出演:倍賞千恵子、木村拓哉、美輪明宏、我修院達也、大泉洋

途中飽きてちゃんと見れてないから、
評価もなにもあったもんじゃないけど、
やっぱりなんだかな〜。

とりあえず、ハウルの声がなんか微妙と思ったら
木村拓哉なのか。なるほど。

冴えないオタク娘(ばあさん)と
ナルシスで勘違いしまくってるキモ男という
魅力のない者同士が
傷なめあって2人だけの世界に閉じこもってる感じ?
自分たちは特別だとかって優越感に浸ってるような 
気持ちのわる〜〜い感じ?

なんか、この主人公たち、
友達や仲間をあんまり大事にしないというか
いい人ぶってるけど、すごく利己的でヘコむ。 
これじゃ、友達いないのも仕方ないよな〜って思うけど、
そこは、周りの人間は悪だ敵だと決めつけてつっぱしる。
こういう人たちに振り回されるのすごく嫌だなと思ってヘコむ。

ジブリ作品てそゆの多いね。
友情があんまり出てこないつーか。
人付き合いつったら、
家族関係か恋愛関係か師弟関係みたいのばっかで。
ワイワイ楽しい仲間や友情ってのがなくて
どんよりした気分になる。

ま、散々酷評してきたが、唯一、 
パワーがなくなっちゃったボケばあさんと 
モサモサでふてぶてしい犬のコンビだけは
とてもカワイらしい。
この2人をメインにしたドタバタコメディだったら、 
すごく見たいのになぁ〜〜〜と心底思う。 
でも、そういう素敵なことはしないのが、ジブリ。

CD:ハウルの動く城 サウンドトラック [Soundtrack]
BOOK:魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉 [単行本]

↓↓↓よろしければクリックして投票お願いします
人気ブログランキングへ
 JUGEMテーマ:映画
映画レビュー(邦画) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

フラガール (2006・日)

松雪泰子の衝撃的な美しさを堪能せよ!


★★☆☆☆
120分/カラー
監督:李相日
脚本:李相日、羽原大介
出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子、高橋克実、寺島進

松雪泰子の美しさに唖然。衝撃。
パーフェクトなルックス。
キャラ設定も最高。
あれだけで見たかいがあった。
岸辺一徳もよい感じ。
蒼井優って、見た目は好みじゃないけど演技うまいな〜。
その他、役者陣はみんないい感じと思う。

が、内容は…
クライマックスありすぎ。
泣かせようとしすぎ。
別れだの和解だのがしつこく何回もあるので
だんだん、どうでもよくなってくる。飽きる。
しかも、それらのシーンになると
イチイチテンポが悪くなる。

ラストのフラダンスシーンは
それほどよくないのに無駄に長い。
チアーズのチアシーンくらい面白ければ
延々やってもらってもいいけどさ〜〜。
 

CD:フラガール plus 1
CD:フラガール~ ジェイク・シマブクロ
DVD:あなたもフラガール DVDで学ぶはじめてのフラレッスン

↓↓↓よろしければクリックして投票お願いします
人気ブログランキングへ

JUGEMテーマ:映画
映画レビュー(邦画) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

崖の上のポニョ / PONYO (2008・日)

 M・ナイト・シャマランの迷走っぷりとかぶる

★★☆☆☆
101分/カラー
監督・脚本:宮崎駿
声の出演:山口智子、長嶋一茂、天海祐希、所ジョージ、土井洋輝、奈良柚莉愛


オープニングの映像がなかなかキレイだったので
もしや面白いのかな?と思いきや
やっぱりつまらないのがさすがジブリ。

親を下の名前で呼び捨てなのが
なんか気持ち悪い。

お母さんが躁鬱病なのかなんなのか
行動が不安定でヘコむ。

ポニョの変形がグロテスクなのは面白い。

が、そんなグロい奴にちょっと会って親切にしただけで惚れられて
災害まで起すほどストーキングされるというストーリーに恐怖。
アメリをみたときのような怖さ。

さらに今まで以上に全開なロリコン、マザコンテイストにも恐怖。
手塚治虫よろしく女子の変身フェチっぷりにも恐怖。

人魚姫、ピノキオ、海底2万マイル、パプリカ
その他いろいろ、なんかどっかで見たような要素ばかり。

最終的にたまたま1発当ててしまい、
周りから実力以上にチヤホヤされちゃったために
1人よがりな作品しかつくれなくなった
M・ナイト・シャマランにそっくりな迷走っぷり。
でも、あっちは若手だけど、こっちはじいさんなので
より物悲しい…
裸の王様をリアルにみたというか。

誰か教えてあげたらいい。
絵はうまいって認めるから映画はもうがんばらなくてもいいよと。
実際、本人はそういわれたいんじゃないか。
ポニョって名前つけたとき、もっとみんなが
それはないっす、そろそろ目を覚ましたらどうですか?
って正直につっこんでくれると思ったんじゃないか?
だってポニョだよ??正気の沙汰じゃないよ?

ちなみにこんだけクソミソに言ってますが
ナウシカやらラピュタやら魔女の宅急便やらに
比べたらだいぶ面白いとは思います。


<関連商品>
CD:崖の上のポニョ サウンドトラック
DVD:ポニョはこうして生まれた。 ~宮崎駿の思考過程~

JUGEMテーマ:映画
映画レビュー(邦画) | permalink | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |

ジェネラルルージュの凱旋 (2009・日)

堺雅人の笑顔が小日向文世にそっくり
 ジェネラルルージュの凱旋
★★★☆☆
123分/カラー
監督・脚本:中村義洋
脚本:斉藤ひろし
原作:海堂尊
出演:阿部寛、堺雅人、竹内結子、羽田美智子、山本太郎

爽やかすぎて裏がありそうな堺雅人の笑顔が
愛しの小日向文世にそっくりだという事に気づいてから、
堺雅人にぞっこんである。
日本人で最も好きな顔、小日向文世に毛が生えた!万歳!
ということで、その境雅人と
日本人で最も好きな体型、阿部寛
を拝みたいだけで鑑賞。
感想、阿部寛と堺雅人がカッコイイ。
できれば阿部寛の立ち姿がもっと見たい。
ちなみに内容は、つまんなくはないが、正直どうでもよい。
あぁ、でも、やっぱり、小日向文世が若かったらなぁ…
若き日の小日向文世を拝みたい。

<関連商品>
DVD:チーム・バチスタの栄光
BOOK:ジェネラル・ルージュの凱旋(上)
BOOK:ジェネラル・ルージュの凱旋(下)

JUGEMテーマ:映画

映画レビュー(邦画) | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

パコと魔法の絵本 (2008・日)

ホラ、泣けよ!と脅されてるような涙カツアゲ映画
パコと魔法の絵本
★★★☆☆
105分/カラー
監督・脚本:中島哲也
原作:後藤ひろひと
出演:役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、木村カエラ

非常に評価がしにくい。
主人公の女の子はかわいい。役所広司も泣かせる。
一見、雰囲気もチョコレート工場みたいで楽しそう。
でも、な〜〜んか全てが鼻につく。
全てがわざとらしい。
こういうのが好きなんだろ?ホラ笑えよ、泣けよ!
と脅されているような感じ。
弟が、涙カツアゲ映画と言っていたがホントそんな感じ。

<関連商品>
BOOK: パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫)

JUGEMテーマ:映画

映画レビュー(邦画) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

デトロイト・メタル・シティ (2008・日)

90年代、渋谷系にどっぷりハマってた恥ずかしい人必見!DMC
★★★★☆
104分/カラー
監督:李闘士男
脚本:大森美香
出演:松山ケンイチ、加藤ローサ、松雪泰子、ジーン・シモンズ、秋山竜次、細田よしひこ、大倉孝二、岡田義徳、カジヒデキ

ピチカートファイブ、カヒミカリィ、コーネリアス、
カジヒデキ、小沢健二…と聞いて、ピンときたなら絶対見ろ。
松山ケンイチのあまりのキモさに、
渋谷系にハマってた若かりし頃を思い出し
居たたまれないこと間違い無し。
特にクラウザーさんが渋谷系バンドをやってる後輩と
遊園地のトイレでオシャレポップを
歌って踊る長回しシーンは、
なんのCGも効果も使っておらず
ただただ恥ずかしい。
が、映像や音響技術が発展したこのご時世で
これほどのアナログチープさはある意味衝撃的で、感動する。
ちなみに音楽が全部よい。
特に、金玉ガールズの「去勢せよ!」が素敵。


<関連商品>
CD:SATSUGAI/甘い恋人
CD:魔王/ラズベリーキッス
CD:デタラメ・マザコン・チェリーボーイ~for the movie~
CD:サリーマイラブ ~for the movie~
BOOK:デトロイト・メタル・シティ (1)
DVD:DMC MUSIC CLIPS

JUGEMテーマ:映画
映画レビュー(邦画) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

バレット・バレエ/ BULLET BALLET (1999・日)

銃にとりつかれたダメ男のカッコよさにシビれる前半20分、以降普通。

★★★☆☆
87分/モノクロ
監督・脚本:塚本晋也
出演:塚本晋也、真野きりな、中村達也、 村瀬貴洋、鈴木京香、井川比佐志

恋人(鈴木京香)が銃で自殺し、
それ以来、銃にとりつかれている男の話。

最初の20分くらいはすごいカッコイイ!面白い!

と思ったのに、しばらくしたら
ヤク中とか、ヤクザとか、レオンのマチルダ的な女子とか
非常にありがちな展開に。

鉄男もそうだが、塚本晋也映画って
勢いとセンスだけは突出してるのに
何か足りない感があるのがもったいない。
面白いのに、最終的に見終わると普通というか。
やっぱりインディペンデント映画だから
予算とかそういう大人の事情で
やりきってない感が出てしまうんだろうか?


<関連商品>
CD:バレット・バレエ [Soundtrack]
JUGEMテーマ:映画


映画レビュー(邦画) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

SURVIVE STYLE5+ (2004・日)

2時間も目的のないCMを見せられて、ぐったり。

★☆☆☆☆
120分/カラー
監督:関口現
脚本:多田琢
出演:浅野忠信、橋本麗香、小泉今日子、阿部寛、岸部一徳、麻生祐未、津田寛治、 荒川良々、三浦友和、 千葉真一

2時間、CMを見せ続けられているかのよう。
と思ったら、CM界で有名な人たちが作ってるのか、納得。

殺しても生き返る妻と、催眠術師の阿部寛のキャラクターは
なかなかカッコイイ。
カラフルな部屋他、セットもかわいいっちゃかわいい。
音楽の選曲もそこそこセンスがよく、ダサくない。
が、全ての要素の使い方に情緒が全くない。

たぶん、30秒くらい見るなら
どこを切っても確かに悪くないんだろうけど
それ以上は見てられない。疲れるったらない。
見たところで何も得るものもない。
強いて言えば、CM制作に興味がある人、
そういう業界を目指してる人には勉強になるのか?

映画ではないね。


<関連商品>
CD:「SURVIVE STYLE5+」Original Soundtrack
JUGEMテーマ:映画


映画レビュー(邦画) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

A (1998・日)


★★★★☆
135分/カラー
監督:森達也
撮影:森達也/安岡卓治
音楽:朴保

サリン事件を起こしたオウムを許すことはできないが、これにうつされている荒木広報部長やその周りの信者たちをただオウムだからとやみくもに拒絶する社会ってまともだろうか?と思えてくる。部屋の汚さや修行がどうこういう部分は全く理解不能だが、それ以外はオウム信者といえど拍子抜けするくらい普通っぽい。そして、オウム側からのレンズ越しだと、オウムというだけでヒステリックになっている報道陣や警察や一般人の方がむしろ気味悪く見える。こう書くとオウム擁護だなどと短絡的に決めつける輩も出てくるだろうが、そうじゃない。どちらも同じという気がする。外で一悶着あって部屋に戻って信者たちがホッと一息ついて談笑してる様は一般人のそれと変わりがない。きっと、オウム信者に対していじめとしか見えないような扱いをしていた警官だって、職場や家に帰って同じようにやれやれ今日はまいったよ〜なんて話をしてるに違いない。本質が同じなのに、お互いが相手を理解しようと努力しなかった、できなかった結果があーゆー事件につながったのかもしれないね。

<関連商品>
BOOK:「A」?マスコミが報道しなかったオウムの素顔
映画レビュー(邦画) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |