HALa9000s CINEcolumn

一番面白かった映画、死ぬまでに見たい映画など、名作からB級まで感想レビュー。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

邪眼:ル・デルニエ・クリ (1997・仏)

90年代後半、ボアダムズとか好きな人用、ノイズアニメ。

★★★☆☆
30分/カラー
監督:パキート・ボリノ、キャロリーヌ・シュリー、ルラン

フランスのアート集団が作ったらしい、短編アニメ。
なかなかカッコイイし、つまらなくはない。

おそらく、ボアダムズのライブに足しげく通っていた
若かりし頃の僕だったらハマったかもな。
けど、今はもう、そういうのいいや…という感じ。
と思ったら、まんまと10年くらい前の作品でした。
音楽ドラジビュスだし、アップリンクから出てるし。

年を取ったな自分。ノイズとかは、もういいです。
そんな体力ありません。

ちなみに第7回広島アニメーションフェスティヴァル
参加作品だそうです。


<関連商品>
DVD:邪眼:ル・デルニエ・クリ
JUGEMテーマ:映画


映画レビュー(その他) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Farewell: Live From Universal Amphitheater 1995 (2001・米)

夢のチョコレート工場の音楽にぞっこんなあなたに!ダニーエルフマン満載!

★★★★☆
出演:Oingo Boingo

ピーウィーの大冒険を見て以来、あの音楽にやられてダニーエルフマンにぞっこんなわけですが、音楽だけじゃないんですね、本人見たらよりぞっこん。フォービデンゾーン見て、あまりに素敵だったので、オインゴボインゴのプロモも必至でさがしていくつか入手し、もうアホかっつーくらい何度も見てるわけですが、サンフランシスコでついにDVDもゲット。残念ながら、もうこの頃はすでにちょっとお年をめしているのですが、それでもやっぱり素敵です。ライブは2時間半以上たっぷりあって、ちょい途中だれるかなぁとも思いますが、ラストDead Man's Partyでやっぱり大興奮。最終的にはアンコール4曲しっかり堪能し大満足。と、DISC1のライブはもちろんなんですが、このDVDのみどころはDISC2の特典映像だったりします。Mystic Knights of the Oingo Boingoから今に至るまでのヒストリー、バックステージや打ち上げの様子、ライブ見に来たお客さんの仮装大会っぷりなどなどが見られます。つーか、ホント、ダニーエルフマン大好きだーーーー!もっともっと見たいぞーー!ちなみにこれリージョン1です。日本語字幕どころか英語字幕もありませんので、あしからず。全く何言ってるかわかりません。日本では出す気ないのかね?なんで、そんなにダニーエルフマンて騒がれてないのかね?夢のチョコレート工場も名前聞くのはティムバートンとジョニーデップばっかだしさっ!

<関連商品>
CD:Farewell: Live at Universal Amphitheater 1995/Oingo Boingo
BOOK:Clowns of Death: A History of Oingo Boingo
DVD:Farewell: Live From Universal Amphitheater 1995
映画レビュー(その他) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

FATBOY SLIM/Live on Brighton Beach:BIG BEACH BOUTIQUE II (2003・英)

fatboyslim
★★★★★
DJ:ノーマン・クック

映画じゃないですが、いや、もう最高。ビーチに集まったバカな群衆の狂喜乱舞の2時間をただただ収録。行きてぇーーーー!そこに行きてぇ!とりあえず、酒飲んでスクリーンで大音響でこのDVD見てれば、毎日、ハッピー現実逃避。ちなみに最初と最後にティムデラックスっていうまぁ卑怯な選曲。2回かけちゃうんだ。確かに何度も聞きたいけど。とりあえず去年のagehaを思い出し、笑顔。でも、このDVD特典映像でふれてる日韓ワールドカップのときの来日イベントは全然ハッピーな感じじゃなくてがっくりしたな。つか、関係ないけど最近行くイベント行くイベント大箱の場合低音上げすぎ。うわっつらのアホみたいな音が聞きたい自分としては、ドーンドーンて低音しか聞こえないようなのは全然楽しくない!それから、これ見た後、冬のオタク祭に関する友達のレポートをちょうど読んだんですが、このビーチと同じようなエネルギーをビックサイトに感じました。そして、日本に生まれ育ったのにアニメだとかに全く興味がない自分は損をしているような気がして、切なくなりました。でも全然わかんねーんだ!萌えってなんだよ!??

<関連商品>
CD:Big Beach Boutique II/Fatboy Slim
CD:Live on Brighton Beach/Fatboy Slim
映画レビュー(その他) | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

ウォレスとグルミットおすすめ生活 (2002・英)

★★★☆☆
40分/カラー
監督:クリストファー・サッドラー・ロイド・プライス/ロイド・プライス/クリス・サドラー
脚本:ニック・パーク/クリス・サドラー/ロイド・プライス
声の出演:萩本欽一

待ってました!大大大好きな、ウォレスとグルミットの新作!映画じゃねーけど好きなのでコラム。これ、ネットでやってた短編をDVDにしたもので、無料版だけはチェックしてたんだけど、やっと全部見れたよ。いやぁあいかわらずカワイイですな。ウォレスの自己中なとこなんかクレイアニメじゃなかったらぶん殴りたいし、グルミットもホイホイ無茶な注文聞いてやんなよ!と思うんですが、やっぱ微笑ましい。朝ご飯を狂ったように用意してくれるオートシェフやら一人で買い物にいってくれる買い物カートやらリモコンなしでテレビのスイッチを入れられる大げさなシステムやらアホ新発明の数々も魅力的。欽ちゃんの吹き替えもあいかわらずトボけてていいねぇ。和む。でも、今までの長編に比べるとさすがに物足りないので、ホント早いとこ新しい長編を映画館で見たい!
映画レビュー(その他) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |