HALa9000s CINEcolumn

一番面白かった映画、死ぬまでに見たい映画など、名作からB級まで感想レビュー。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< ソウ2 / SAW II (2005・米) | main | ドッグヴィル / DOGVILLE (2003・デンマーク) >>

真夜中の弥次さん喜多さん (2005・日)

当時、読んでて全く意味不明だったのが、これでやっとスッキリ

★★★★☆
124分/カラー
監督・脚本:宮藤官九郎
音楽:ZAZEN BOYS
原作:しりあがり寿
出演:長瀬智也/中村七之助/小池栄子/阿部サダヲ/柄本佑/生瀬勝久/寺島進/竹内力/森下愛子/岩松了/板尾創路/桑幡壱真/大森南朋/おぎやはぎ/皆川猿時/古田新太/毒蝮三太夫/松本まりか/川口真理恵/あじゃ/前田綾花/松本真衣香/斉藤亜希子/勝俣幸子/山口智充/清水ゆみ/しりあがり寿/松尾スズキ/楳図かずお/中村勘九郎/毒蝮三太夫/研ナオコ/ARATA/麻生久美子/妻夫木聡/荒川良々

宮藤官九郎というと、ちらっとドラマなんかを見てみるとゲンナリするほどつまんないし、しりあがり寿もcomicアレ!で読んでたものの、絵汚いし、わけわかんねぇ!とあまりよい印象はなかったわけです。だから、どーせこれもアホな若者が喜ぶだけの寒い映画だろうと見てませんでした。が、家にビデオあったんで、たまたま見たらこれが案外よい出来でびっくり。もちろん、嫌いなテイストもなくはないですが、いろいろ納得できた。これだけの内容をきっちりわかりやすく、おとぎ話昔話風の雰囲気で形にするってのはかなり大変な作業と思う。で、宮藤官九郎の脚本って今まで、他人が映像化してたからおかしなことになってたんだろなという気もした。この人の脚本の正しい演技や映像やテンポってのはきっとこれ。原作の漫画についても、絵のせいで全然理解不能だったけど(まぁ全部は読んでないし)、ちゃんとしたストーリーがあったんだなとスッキリ。役者も主役をはじめなかなか嫌みがない演技でよい。中でもARATAのバーテンは印象的。唯一、面白くないのが松尾スズキ。この人、どの映画でも、「俺って面白いでしょ」オーラ出ちゃってて下手だなぁと思うのだけど、大人計画の舞台ではどうなの?うまいの?

<関連商品>
CD:「真夜中の弥次さん喜多さん」オリジナルサウンドトラック
CD:真夜中の弥次さん喜多さん 愛と幻覚のセレナーデ
BOOK:合本 真夜中の弥次さん喜多さん
BOOK:真夜中のヒゲの弥次さん喜多さん
BOOK:くど監日記 真夜中の弥次さん喜多さん
DVD:真夜中の弥次さん喜多さん DTS スタンダード・エディション
DVD:真夜中の弥次さん喜多さんでおなじみヒゲのおいらん
映画レビュー(邦画) | permalink | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hala9000.jugem.cc/trackback/144
この記事に対するトラックバック
真夜中の弥次さん喜多さん 出演: 長瀬智也, 中村七之助, その他 監督: 宮藤官九郎 ★★★★☆ 脚本家としてクドカンの作品は何本も見てるんだけど、 監督作品としては、始めて見たなぁ。これって初監督作品なんかな? 木更津〜や、タイガー&ドラゴ
真夜中の弥次さん喜多さん | HO-HO-HO- | 2006/06/25 10:38 PM
おぎやはぎは、小木博明と矢作兼によるお笑いコンビ。プロダクション人力舎所属。1995年にコンビ結成。 特徴 二人とも眼鏡の眼鏡コンビ。世の中にメガネブームを引き起こした人のひとり。まったりとしたスローテンポと独特の言い回しのツッコミ(激しいツッコミは
おぎやはぎ | 気ニナルコトバ | 2006/10/05 5:14 PM