HALa9000s CINEcolumn

一番面白かった映画、死ぬまでに見たい映画など、名作からB級まで感想レビュー。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< Vフォー・ヴェンデッタ / V FOR VENDETTA (2005・米) | main | 太陽 / SOLNTSE (2005・ロシア) >>

A (1998・日)


★★★★☆
135分/カラー
監督:森達也
撮影:森達也/安岡卓治
音楽:朴保

サリン事件を起こしたオウムを許すことはできないが、これにうつされている荒木広報部長やその周りの信者たちをただオウムだからとやみくもに拒絶する社会ってまともだろうか?と思えてくる。部屋の汚さや修行がどうこういう部分は全く理解不能だが、それ以外はオウム信者といえど拍子抜けするくらい普通っぽい。そして、オウム側からのレンズ越しだと、オウムというだけでヒステリックになっている報道陣や警察や一般人の方がむしろ気味悪く見える。こう書くとオウム擁護だなどと短絡的に決めつける輩も出てくるだろうが、そうじゃない。どちらも同じという気がする。外で一悶着あって部屋に戻って信者たちがホッと一息ついて談笑してる様は一般人のそれと変わりがない。きっと、オウム信者に対していじめとしか見えないような扱いをしていた警官だって、職場や家に帰って同じようにやれやれ今日はまいったよ〜なんて話をしてるに違いない。本質が同じなのに、お互いが相手を理解しようと努力しなかった、できなかった結果があーゆー事件につながったのかもしれないね。

<関連商品>
BOOK:「A」?マスコミが報道しなかったオウムの素顔
映画レビュー(邦画) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hala9000.jugem.cc/trackback/155
この記事に対するトラックバック