HALa9000s CINEcolumn

一番面白かった映画、死ぬまでに見たい映画など、名作からB級まで感想レビュー。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 皇帝ペンギン / MARCH OF THE PENGUINS (2005・仏) | main | ナイトミュージアム / NIGHT AT THE MUSEUM (2006・米) >>

ダージリン急行 / THE DARJEELING LIMITED (2007・米)

ダメ人間の心にしみるボンクラ兄弟のネバーエンディングインド旅行
THE DARJEELING LIMITED
★★★★★
91分/カラー
監督・脚本:ウェス・アンダーソン
脚本:ロマン・コッポラ、ジェイソン・シュワルツマン
出演:オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン、アンジェリカ・ヒューストン、ナタリー・ポートマン

とにかくラスト!※早くもネタばれ注意
それまで、ずっと持ち運んでいた
デカくてかさ張る、でも思い出の
父の形見のトランクを捨てて
列車に飛び乗るボンクラ3兄弟。
そして、のほほんとオーシャンゼリゼが流れて
列車の旅はまだ続く…
号泣するしかないでしょ、もう。

なんでも勝手に決めてしまう強引な長男
些細な事にも神経質な次男
女にだらしなく甘ちゃんな三男
フラリと姿を消す自由奔放な母
個性が強すぎるこの家族に共通するのは
全員が全員、自分勝手であるということ。

基本的にはバラバラで、
たま〜に目的が重なって一致団結してみたり、
でも、やっぱり気が変わってケンカしてみたり。
家族とか仲間とかって、こういうもんだよな。
ドライかつウォームというか。

この愛すべき滑稽な人々に
少しも共感を覚えられないとしたら、
ちょっと可哀想かもしれない。
そんな人には、もっと、
自分勝手でいいんだよ、と言いたい。
自分勝手な方が自分にも他人にも優しいときがある。

しかしながら、自分勝手すぎる人には
是非、自制心を持っていただきたく存じます。
例えば、僕とか。
僕とか。

ちなみに、この監督はいつもそうだが、
淡々としていながら少しも冷たい感じがしない
絵本のような画の作り方と
ぼんやりとセンスがいい音楽のチョイスが大好きだ。
正直、ストーリーがなかったとしも、
この映像と音楽だけで感極まって泣ける。

<関連商品>
CD:「ダージリン急行」オリジナル・サウンドトラック

JUGEMテーマ:映画
映画レビュー(洋画) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hala9000.jugem.cc/trackback/194
この記事に対するトラックバック