HALa9000s CINEcolumn

一番面白かった映画、死ぬまでに見たい映画など、名作からB級まで感想レビュー。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< プラダを着た悪魔 / THE DEVIL WEARS PRADA (2006・米) | main | アバター / AVATAR (2009・米) >>

ホーリー・マウンテン / THE HOLY MOUNTAIN (1973・メキシコ・米)

消費社会、宗教、アート他、あらゆる原理主義に対するとんでもアンチテーゼ
THE HOLY MOUNTAIN
★★★★★
163分/カラー
監督・脚本・音楽・出演:アレハンドロ・ホドロフスキー
製作:アレン・クライン
出演:ホラシオ・サリナス、ラモナ・サンダース、アリエル・ドンバール

エルトポほかメキシコの変態映画でおなじみの
アレハンドロ・ホドロフスキー監督作品。
エルトポもサンタサングレもそんなにグッとこなかったが、
これはすごい。全く意味がわからない。
にも関わらず、面白すぎる。

しょっぱな、マリリンモンローなケバいねえちゃん2人が
おっさんに化粧をおとされ、爪と服をはがされ、髪を刈られる。
シーンは変わって、キリスト風の男が、
手足のないフリークなおっさんと子供たちに
十字架にくくりつけられ石を投げられる。
その後、反撃。
逃げ切れなかったおっさんを捕まえボコボコにしたのち
一緒にマリファナを一服吸って休憩したら
フリークおっさんとキリスト男は大の仲良しに。
街にでると、殺人ショー?をやっており、
ビビットでカラフルな血が飛び散り
それを見て、観光客セレブたちが喜んでいる。
そのうち1人のマダムがそこへ駆けつけた警官にレイプされ大喜び。
早速、旦那と共にその様子を記念撮影。
見世物小屋では戦士の格好をした大量のカエルを爆破。
キリスト男は拉致され、石工で型をとられて
キリストマネキンを大量生産される…
ここまでで、ほんのオープニング程度。
全部書いてたらキリがないので、ここまで読んで
気になった人は見てください。

ラストなんか、そんなんあり〜〜!!?
という、とんでもっぷり。

エログロオンパレードでありながら、
どこかキッチュでポップで美しい。
おかげで、元気になれました。


JUGEMテーマ:映画
 
映画レビュー(洋画) | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

昨日見ました。
1970年代のビョーキ文化が大好物な僕には、キューブリックの時計仕掛けのオレンジカテゴリに入れたいベスト作でしたw
最近はフリークスとか、奇怪な作品が大好きだったりしますw
JB | 2012/11/26 7:58 PM
コメントありがとうございます!
時計じかけのオレンジやフリークス好きにはたまらないですよね〜。自分もこの手のモノが大好物です。
HALa9000 | 2012/12/29 1:36 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hala9000.jugem.cc/trackback/203
この記事に対するトラックバック