HALa9000s CINEcolumn

一番面白かった映画、死ぬまでに見たい映画など、名作からB級まで感想レビュー。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 銀河鉄道の夜、2001年宇宙の旅ほかSF・宇宙映画特集、選曲リスト | main | ダージリン急行、樹海のふたり、フリーマガジンtatsumaki特集、選曲リスト >>

セッソ・マット、あの胸にもう一度ほか、セクシー・美女映画特集、選曲リスト

私、HALa9000が出演したDJ PAPA-QさんのFMおだわら GLOBAL MUSIC VILLAGE (グローバル・ミュージック・ヴィレッジ) G.M.V.「セクシー・美女映画特集」 (2014年6月7日放送) で紹介した映画と音楽を今更アップ。
---------
 

M-1:
セッソ・マット / SESSOMATTO (1973)



ラウラ・アントネッリ主演のイタリア産オムニバスエロコメディ映画。テーマ曲のフレーズがフリッパーズ・ギターのグルーヴ・チューブでサンプリングされてた。渋谷系が流行ってた90年代にサントラが発売されて、もてはやされていた記憶。



選んだ曲は、テーマ曲。
ArmandoTrovaioli / Sesso Matto



 

M-2:
Vampyros Lesbos (1970)


西ドイツとスペインのセクシーホラー映画。日本未公開。レズビアンのヴァンパイアがたくさん出てくるのかと思いきや、2人くらいしか出てこない。エロいのかと思いきや、なんだかぼんやりからんでるだけで全然エロくない。とにかくつまらない。こりゃ、日本未公開でも無理ないわ……と納得の出来。ロンドンにいた頃、この手のマニアの人々もサントラは好きだけど、映画は見たことないと言っていて、よくこんなの見たねと感心された。ちなみにタランティーノのジャッキー・ブラウンでも、この映画の曲が使われていたが、見るならそちらを是非。あっちのが数段面白いので。パム・グリアー、年を取っても美人だし。



選んだ曲は、ジャッキー・ブラウンでも流れていたこの曲。
Manfred Hubler & Siegried Schwab / The Lions And The Cucumber


映画の内容はともかく、サントラは全曲素晴らしいので、音楽だけ聞くのが吉。



 

M-3:
キャンディ / CANDY (1968)



乙葉似のエロかわいい女子大生 (エヴァ・オーリン) が、おっさんたちを癒していくファンタジー。でもって、そのおっさんラインナップがマーロン・ブランド、ジェームズ・コバーン、リンゴ・スターなどものすごいことになっている。映像も音楽もサイケでポップ。エロだけど、おしゃれテイストなので、女子におすすめ。



選んだ曲は、ラストシーンあたりで流れるこの曲。
THE CHAPS / Ascension To Virginity



 

M-4: ジャックと豆の木 (1974)



手塚治虫率いる虫プロのスタッフが集まって作った、杉井ギサブロー監督劇場アニメデビュー作。今考えると、声の出演が市村正親、山本リンダ、樹木希林など豪華すぎて笑える。音楽も阿久悠やら都倉俊一やら、そうそうたるメンバー。ディズニーチックなキャラクターもみんなキュートでユニーク。これでつまんないわけがない。が、現在、大人の事情かなんかでDVDほか一切リリースされていない。こういう日本アニメこそ、もっと手に入れやすくするべき!名作!

以前書いたコラムはこちら。
http://hala9000.jugem.cc/?eid=6


選んだ曲は、天空の城に住むお姫様が、悪い魔女に洗脳されて歌うこの曲。
山本リンダ / 完全にしあわせ



 

M-5:
あの胸にもういちど / THE GIRL ON A MOTORCYCLE (1968)



裸でレザースーツでバイクにまたがってるという時点でいい。アラン・ドロンに会いたくてしょうがないマリアンヌ・フェイスフルがエロかわいい。バイクで滑走しながら、最初から最後までアラン・ドロンとの素敵な日々を回想&妄想してるだけという衝撃のストーリー。ラスト含め、ものすごく印象に残る作品。美女セクシー映画にしては映画としても面白いので必見。



選んだ曲はタイトル曲。
Les Reed / Girl On A Motorcycle



 

M-6:
毛皮のヴィーナス / VENUS IN FURS (1969)



マゾの語源となったマゾッホ原作のエロ映画。ラウラ・アントネッリが美しすぎる!映画としては全然つまんないけど、彼女のヌードだけで、見といてよかった感。もちろん、音楽もよかった。

以前書いたコラムはこちら。
http://hala9000.jugem.cc/?eid=199



選んだ曲は、劇中印象的なシーンで何度かかかるこの曲。
GP Reverberi / Malizie Di Venere


---------
以上、セクシー・美女映画特集、選曲リストでした。


そして告知。

FMおだわら GMV
2月28日(土)夕方5時
3月2日(月)夜9時(再放送)
「洋画の中の日本の曲特集」
にHALa9000が出演します。

グローバルミュージックヴィレッジ GMV
FMおだわら 78.7MHz
http://fm-odawara.com/

Tune in Radioほか、サイマルラジオが聞けるアプリでも聞けますよ。

さらに、

3月4日(水)夜7時から
熱海銀座CAFE RoCAの夜営業にて
HALa9000がラウンジDJをしています。

熱海銀座 CAFE RoCA
http://caferoca.jp

CAFE RoCAでは、HALa9000 の プロジェクト、9000Graphics オリジナルグッズも販売中。
T shirts

上のTシャツは、三角の中に円周率かかれたデザイン。見た目と中身は違うこともあるよという意味。

 
JUGEMテーマ:映画
映画音楽 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hala9000.jugem.cc/trackback/252
この記事に対するトラックバック