HALa9000s CINEcolumn

一番面白かった映画、死ぬまでに見たい映画など、名作からB級まで感想レビュー。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< アメリカン・パイ3:ウェディング大作戦 / American Pie:The Wedding (2003・米) | main | わらの犬 / STRAW DOGS (1971・米) >>

ビジターQ (2000・日)

★★★☆☆
84分/カラー
監督:三池崇史
脚本:江良至
出演:遠藤憲一/内田春菊/渡辺一志/中原翔子

元ニュースキャスターの父は家出した娘と援交。学校でいじめられている息子の家庭内暴力に耐えきれず母はヤク中。そんな完全に崩壊しきっている家族のもとに父の頭を石でカチ割った若い男が居候することになりいつしかバラバラだった家族が愛を取り戻してゆく(?)というまるで逆噴射家族とピンクフラミンゴを足したような変態家族映画。とにかくレイプあり殺人あり死姦ありのエログロオンパレードなんだが、何故か見終わると心温まるいい映画だったような気分に。完全に騙されてる自分。遠藤憲一と内田春菊の演技がすばらしい。
映画レビュー(邦画) | permalink | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

トラックバックありがとうございます。
この映画はファンタジーだと私たちは思っています! ラストは??なシチュエーションながらこのやっかいなストーリを上手くまとめていたと思います。

遠藤憲一と内田春菊は怖いけど鬼気迫る演技でしたねー。おそらくこの2人以外この役できるのはいないんじゃないでしょうか。
ピンカエル | 2004/07/26 10:36 PM
コメントありがとうございます。うん、確かにあの映画はファンタジー。つか、三池崇史はたいがいファンタジーといいますか。大好きです。
HALa9000 | 2004/07/27 10:47 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hala9000.jugem.cc/trackback/35
この記事に対するトラックバック
今年の年明け、深夜12時30分から見始めた作品。 はっきり言ってコレを見たが最後、約半年間は 他の映画は全く記憶に残らないと思う。 しかも、ジャンルがホームドラマにカテゴライズされるもんだから、いやはや何とも。 映画の題名にもなっているビジターQとは、
ビジターQ | 某Nの彼岸日記 | 2004/07/27 12:32 AM