HALa9000s CINEcolumn

一番面白かった映画、死ぬまでに見たい映画など、名作からB級まで感想レビュー。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< ストーリーテリング / STORYTELLING (2001・米) | main | 007 カジノロワイヤル / CASINO ROYAL (1967・英) >>

イレイザーヘッド / ERASERHEAD (1977・米)


★★★★★
89分/モノクロ
監督・脚本:デヴィッド・リンチ
出演:ジョン・ナンス/ジョン・ナンス/シャーロット・スチュワート

ずいぶん昔、深夜たまたまテレビをつけたらやっていて、そのまま最後まで見続けてしまったこの映画。それ以来テレビでやってればたいがい見てるし、ビデオも借りた。この度DVDレンタルが開始されたのでまた見た。やっぱり面白い。そして何故か泣ける。
生まれた子供がかなりの奇形児でその父親の男が悪夢ばかり見るというストーリー。セリフはほぼなく、映像と音(ほぼノイズ)だけで持ってく力業。ヒーターの中の舞台で、いくつもふってくる奇形児を踏みつぶし、天国最高と愛らしく歌う顔にこぶを持つ女。そんなん見ちゃうでしょ。どうしたって見ちゃうでしょ。
しっかし、いつも思うのだが精神的にどん底でなおかつパワフルでないとこんな映画は作れないんじゃないだろうか。鬱でパワーを出すなんて無理じゃないか。そう考えるとこの映画が生まれたのは奇跡だ。そしてリンチは天才だ。
映画レビュー(洋画) | permalink | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hala9000.jugem.cc/trackback/4
この記事に対するトラックバック
"/> これは悪夢か幻覚か 人の深層心理をえぐるような作風はデイヴィッド・リンチそのものですね デビュー作にしてそのスタイルが確立してしまっているというのは驚き 色彩を除けば(モノクロのため)、映像、音響すべてがデイヴィッド・リンチの今を予見させるものです
映画日記 イレイザーヘッド | den_en relax ! | 2004/05/25 11:02 AM
イレイザーヘッド (1976)今回の映画は、「イレイザーヘッド」です。本作「イレイザーヘッド」は、フィラデルフィアの工業地帯を舞台に、1人の青年が経験する怪現象をシュールに描いたドラマです。監督は「エレファント・マン」のデヴィッド・リンチ。フィラデルフィア.
イレイザーヘッド | 映画DVD・映画ブルーレイ「やわらか映画」 | 2009/02/17 3:56 PM