HALa9000s CINEcolumn

一番面白かった映画、死ぬまでに見たい映画など、名作からB級まで感想レビュー。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< カノン / SEUL CONTRE TOUS (1998・仏) | main | 華氏911 / FAHRENHEIT911 (2004・米) >>

誰も知らない (2004・日)

i¨???Τ???
★★☆☆☆
144分/カラー
監督・脚本・編集:是枝裕和
出演:柳楽優弥/北浦愛/木村飛影/清水萌々子/韓英恵/YOU/遠藤憲一/寺島進/木村祐一

主演の子がカンヌで最優秀男優賞を史上最年少で受賞し一躍有名になった本作。母親に捨てられた4人兄弟の生活という全く盛り上がりにかけそうな内容をどう扱っているのか気になり、マスコミに踊らされた形で見にゆく。結果、予想通りになんもない!!驚くほどなんもない!!人間の嫌な部分を丸々カットした、サバイバルなはずなのに案外こギレイな子供たちの生活が淡々と映し出される。見ていて怒りも悲しみも喜びも楽しみも特にない。ただ、おしゃれ映画でも奇をてらった映画でもないので嫌みもない。このなんにもなさがいかにもドキュメンタリー出身監督っぽい。が、あまりにないないづくしで、寝た。つーか長ぇー!まぁ、好きな人にはたまらないんだろうとは思う。

---
上記のコラムを書いた後、実際の事件について調べてみました。
http://www.b-square.org/sugamo.html
あの映画を見てて、感じた違和感はまさにこれだ。あんな過酷な生活の中、あんな健全な精神でいるわけないんだよね。人格を疑われるだろうが、正直自分はこのサイトの事件解説のが2時間半の美しい映画よりよっぽど興味深い。ただ、家族とこの話をした際「監督はこの事件があまりにもショックだったから、こうであってほしいっていう個人的な理想像を描いたんじゃないか」という意見も出てあぁなるほどな。とも思った。でもやっぱり実際の事件の映画化のが見たいぞ。

<関連商品>
DVD:誰も知らない
CD:映画「誰も知らない」サウンドトラック/ゴンチチ
CD:そら/タテタカコ
映画レビュー(邦画) | permalink | comments(0) | trackbacks(6) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hala9000.jugem.cc/trackback/44
この記事に対するトラックバック
観てきました。邦画は久しぶり。Dくんrecommendということもあり。いつもの如く知るまいとしていても、今回はあらすじを知ってしまっていたので、設定からして泣いてしまいそうだと思っていましたが、涙は出ず。子供たちは悲惨で泣くに泣けない状況で、きっと寂しさを感
「誰も知らない」 Nobody Knows | + 星 見 閑 話 + | 2004/08/26 10:05 PM
実際に起きた事件をモチーフにした映画 親に置き去りにされた4人の子供の物語。 母性や絆を感じさせる母との生活を描く前半が,後半の悲しみを際立たせる。 送られてくるお金を持って買い物に出かけるうち友達が出来た長男。 上辺だけの関係ですぐに離れてしまう
誰も知らない | AV( AKIRA's VOICE ) | 2004/08/28 11:19 AM
昨日、ヅは駒込から西巣鴨に向かって、迷子になりやっと「芸術家と子どもたち」の事務局にたどりついた。帰りは、巣鴨から帰った。巣鴨は思ったよりきれいだった。今回同行できなかったスは、10才まで巣鴨で育ったので「行った」というだけでうらやましがった。□巣鴨地
子供置き去り事件*巣鴨*誰も知らない | +ヘンかわおいしいお役立ち+◎ARTLABOVAのおすすめ | 2004/09/01 3:46 AM
静かに進んでいくアパートの一室でのこども4人の生活。ほとんどバックミュージックはなく、生活音である効果音と彼らの会話だけで映画は進んでいく。映像はぼんやりと非現実的で、ある意味綺麗なもののように見えたようにも思えるけれど、彼らにのしかかる現実が、耳障
誰も知らない | Journal | 2004/09/07 10:28 PM
世間一般から見れば“今更ながら”ですが、観てきました。 世間とどんなにずれようが、映画館で観られて良かった! 個人的に、たぶん一生の中でも忘れがたい1本です。映画として文句のつけようが…ない、ほとんど、ない。
本日の処方箋:誰も知らない | 本日休診 | 2004/12/16 4:01 AM
誰も知らない 1988年に東京で実際に起きた「子ども置き去り事件」をモチーフにし、母親に置き去りにされた4人の子どもたちが、彼らだけの生活を続ける約1年を描いている。 カンヌ映画祭において、最優秀男優賞を史上最年少で受賞した柳楽優弥をはじめ、子どもた
誰も知らない | ベンチとコーヒーと音楽と本 | 2005/06/15 6:23 PM