HALa9000s CINEcolumn

一番面白かった映画、死ぬまでに見たい映画など、名作からB級まで感想レビュー。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< イレイザーヘッド / ERASERHEAD (1977・米) | main | ハイ・フィデリティ / HIGH FIDELITY (2000・米) >>

007 カジノロワイヤル / CASINO ROYAL (1967・英)


★★★★☆
130分/カラー
監督:ジョン・ヒューストン/ケン・ヒューズ/ロバート・パリッシュ/ジョセフ・マクグラス/ヴァル・ゲスト
出演:ピーター・セラーズ/デヴィッド・ニーヴン/デボラ・カー/ウィリアム・ホールデン/ウディ・アレン
音楽:バート・バカラック

まともな007ファンはこんなの007じゃない!と怒りそうだが事実007じゃないよね。豪華キャストが男だろうと女だろうと軒並みジェームズ・ボンドなんだから。いかにもイギリス的なギャグとお色気満載。ピンクパンサーやらモンティパイソンやらが好きなら嫌いなわけない。特にピーター・セラーズが拷問をうけるシーンや保安官やらインディアンまで巻き込んでの大騒ぎなラストは何度も見てしまう。そして音楽もバカラックなので、もちろん最高。ちなみにコーネリアスのファースト・クエスチョン・アワードのテーマってこのテーマ曲のまんまパクり。つーかオーティンパワーズなんかは映画自体丸々パクり。と、いろいろ再利用されてるので、これを押さえておけば、また違った場所で楽しめること間違いなし。
映画レビュー(洋画) | permalink | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hala9000.jugem.cc/trackback/5
この記事に対するトラックバック
原作はイアン・フレミング。後にシリーズ化される<ジェームズ・ボンド>物の第一作で、これ一本だけ権利を持っていたプロデューサーが、3人の脚本家、5人の監督、そしてピーター・セラーズ、ウルスラ・アンドレス、デイヴィッド・ニーブン、オーソン・ウェルズ、ウデ
『007/カジノ・ロワイヤル』(1967) | 【徒然なるままに・・・】 | 2006/10/29 7:41 PM
007 アルティメット・コレクション BOX20世紀フォックス007 アルティメット・コレクション BOX 完全数量限定生産「007 カジノ・ロワイヤル」劇場公開に先駆けて遂に実現!007シリーズが最新テクノロジーによって、一挙にグレードアップして帰ってきた!全作品が究極の高
【限定】007 アルティメット・コレクション BOX | 007 アルティメット・コレクション BOX 完全数量限定生産! | 2006/11/23 1:12 PM
'50年代を代表する女優。「王様と私」('56)で魅了されて、次回作を待ち望んだ思春期。 だから、ようやく間に合った、デボラ・カーには遅れてきた世代。 その新作が「めぐり逢い」('57)、小遣いをはたいて駆けつけた有楽座。 いまもそのときのパンフが手元にある。