HALa9000s CINEcolumn

一番面白かった映画、死ぬまでに見たい映画など、名作からB級まで感想レビュー。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

裏切りのサーカス / TINKER TAILOR SOLDIER SPY (2011・英・仏・独)

年老いたスパイたちによる胸キュン青春物語!ラストの爽快感!


★★★★★
128分/カラー
監督:トーマス・アルフレッドソン
原作:ジョン・ル・カレ『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』
出演:ゲイリー・オールドマン、 コリン・ファース、トム・ハーディ、トビー・ジョーンズ、マーク・ストロング、ベネディクト・カンバーバッチ、キアラン・ハインズ、キャシー・バーク


冷戦下の英国諜報部。
その幹部5人の中にソ連の二重スパイがいるという。
その調査のため、すでに解雇されている
年老いたスパイが呼び戻される…

センスの良さがビシバシ伝わってくる圧倒的な映像美。
イギリス俳優たちのすばらしい演技。
雰囲気、満点!!絶対、面白そう!!
と思いきや…

登場人物が多く、しかも、おっさんばかりで誰が誰だかわからない。
冷戦時代の英国スパイ事情も詳しくないのでわけがわからない。
にも関わらず、その辺の詳しい説明がなんもないまま
話がどんどん進む「超・不親切設計」にパニック!

よって、見始めてからしばらくは、
全く内容が頭にはいってこず、
めっちゃ退屈!!!な状態に陥る。
もう、1時間くらい、
なんだよ、この薄暗くって地味なスパイ映画はよーー!
ボンドだせよ、ボンドーーー。
お目当てのゲイリーもなんか老けちゃってるし〜〜〜。
なんて思って、途中見るのやめようかと本気で思った。

しかし!
これが、後半、徐々に状況が飲み込めてくると
急に面白くなっちゃうんである。
もしかすると、最近見た中でNo.1かもしんない。

説明があんまりないことで、むしろ、
どっぷりその世界観に浸れるつーか。
それぞれのキャラがたってて、みんな愛おしいというか。
仲間とか友情とかの青くさい雰囲気もあるし、
ラストなんか、ユージュアルサスペクツを
見終わったあとみたいな爽快感!
ゲイリーはやっぱり最高にカッコよかったです!
老けたとか言ってごめんなさい。

そんで、この物語を締めくくる曲、
ラ・メールが流れてきたら、もう。
胸がキューーーっと締め付けられて泣けてくる。
なんだろう、この胸がいっぱいになる感じは!!

いやもう、みんな絶対見て!
前半は苦行と思って乗り越えて!!
もしかすると、原作の小説で予習してから見るとよいのかも?

つか、後で知ったけど、
ぼくのエリ 200歳の少女の監督だったのか。
この人、天才だな… 

---

ラストにかかるフリオ・イグレシアスのラ・メールが収録されてるCDをやっとみつけた。
En El Olympia/フリオ・イグレシアス
DISC2の7曲目、EL MARというのがそれです。

Julio Iglesias - La Mer

 

 

CD:En El Olympia※ラストにかかるラメール収録
CD:Tinker Tailor Soldier Spy [CD, Soundtrack, Import, From US]
BOOK:ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫NV) [ペーパーバック]


↓↓↓よろしければクリックして投票お願いします
人気ブログランキングへ

 

JUGEMテーマ:映画

 

映画レビュー(洋画) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

アンチクライスト / ANTICHRIST (2009・デンマーク・独・仏・スウェーデン・伊・ポーランド)

どエロ変態ホラー!ただそんだけ。


★★★☆☆
104分/カラー
監督・脚本:ラース・フォン・トリアー
出演:シャルロット・ゲンズブール、ウィレム・デフォー、ストルム・アヘシェ・サルストロ


えーと…どエロ変態ホラー?
え?なにこれw?
キリスト教とかに詳しくないので
どういう意味なのか全くわからん。

赤ちゃんの転落死を発端に狂ってゆく夫婦。
そして、徐々にあかされる恐怖の真実…
というサスペンスホラーな展開は
ミザリーっぽくて、
ラースフォントリアーにしては
エンターテイメント性が高いかな?
そうでもないかな?

それから、
なまいきシャルロット・ゲンズブールと
処刑人ウィレム・デフォーが
ひたすら病みまくってる夫婦役っていう
配役も好み。

でも、なーーんか、トンデモっぽい雰囲気。
B級映画のチープ感っていうか。
シャマラン的?

それにしても、
いくら憂鬱だからって
人のそんなところに穴開けたり
自分のそんなところを切ったりしちゃダメっしょ〜w。
そりゃ、物議をかもすのも無理ないわ。
シャルロット体張りすぎw。

結果、
見世物小屋的な怖いもん見たさで
ウゲーー!きもーーー!怖ーーーっ!
とかいいながら、見るのにぴったりかもしれません。

ところで、この監督ってば、毎度毎度
音楽とか映像とか超だっさいな〜。
オープニングのモノクロスローモーからして
なんか笑っちゃうw。

前はそのダサさにムカついてたが、
もはや、どんだけダサい演出するのか
ちょっと楽しみになってきたぞw。


↓↓↓よろしければクリックして投票お願いします
人気ブログランキングへ

JUGEMテーマ:映画


映画レビュー(洋画) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ロバと王女 / PEAU D'ANE (1970・仏)

衣装や女の子のオシャレさは必見。でも娘に求婚する王様ってどうなん?
PEAU DANE
★★★☆☆
90分/カラー
監督・脚本:ジャック・ドゥミ
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ジャン・マレー、ジャック・ペラン

ロシュフォールの恋人たちと同じくジャック・ドゥミ監督、
そして同じくカトリーヌドヌーブ主演のおとぎ話。
やっぱり衣装他、おしゃれさかわいさは必見。

が、美しいお妃が死んで、それ相応の美しさの後妻を探しているうち
娘がキレイだと気付いて、執拗なまでに求婚する王様ってどうなん?
そして、その後の展開も謎が多い。
おとぎ話って確かにこんな無茶なストーリー展開が多い気がするが、
そのままやらんでもいいんじゃないかという気も。

JUGEMテーマ:映画

映画レビュー(洋画) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

黄金の眼 / Danger: Diabolik (1967・伊・仏)

黄金の7人と007とバーバレラを低予算で頑張った感じ。
Danger Diabolik
★★☆☆☆
99分/カラー
監督・脚本:マリオ・バーヴァ
脚本:ディノ・マイウリ、ブライアン・ディガス、チューダー・ゲイツ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:ジョン・フィリップ・ロー、マリーザ・メル、ミシェル・ピッコリ

しょーもない!
黄金の7人と007とバーバレラを足して
ルパン三世とか特撮レンジャーものもちょいと混ぜて
気付いたら、あれ?なんか、元よりだいぶ薄くなっちゃった?
つーような映画。

でも、テイストとしては、自分の好みストライクど真ん中。
目だけ出る全身黒タイツでボートや車で美女と逃走。
サンダーバード2号よろしく地面が盛り上がって
地下への入り口が現れて、中に入ると秘密基地。
くもりガラス越しにセクシーシャワーショット。
などなど、音楽もセットも衣装も全てが
めちゃくちゃおしゃれそう…にもかかわらず、
金銭的にもアイデア的にもチープすぎて
その全てが惜しく出来上がっている。

ちなみに、オースティンパワーズの1と2あたりは
この映画からもだいぶ影響受けてそう。

まぁ、映画としてはポンコツだけど、
60年代好きなら押さえておかねばならない作品です。
日本じゃDVDほか一切出てないのが残念。

JUGEMテーマ:映画
 
映画レビュー(洋画) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

皇帝ペンギン / MARCH OF THE PENGUINS (2005・仏)

ペンギンが始終じっとしてて、残念。
MARCH OF THE PENGUINS
★★★☆☆
86分/カラー
監督・脚本:リュック・ジャケ
脚本:ミシェル・フェスレール
声の出演:モーガン・フリーマン(英語版のみ)

この世の動物の中で、最も好きな部類に入るペンギン。
なぜ、ペンギンが好きかというと、動きが面白すぎるからだ。
1歩、歩いただけで、笑いが取れる
坂上次郎や由利徹的動物が他にいるか?

そんなペンギンを1時間半も見れちゃうなんて、
笑いすぎて死んじゃうな〜ワクワクと
期待に胸を膨らませていたのだが…
ほぼ笑えず。地味。

ペンギン、じっとしてんじゃ〜〜〜ん!

ほとんど動かないペンギンの、どアップとか
大自然の風景とか、どうでもいいんすけど!!!

そのような壮大で優雅で退屈なシーンよりも、
小さい穴に無理矢理2匹でつっこんでオタオタしてるとこやら、
ポテポテ歩いて、コテンとすっころんだりしてるとこやら、
親ペンギンの股から顔と足先だけだして
まるでコタツでグテーとしてる風な子ペンギンやら、
そういうシーンがいっぱい見たかったんだよ!欲求不満。

NEMOin世界残酷物語なディープブルーのが爆笑できた。

オモロショットを大量追加して
さまぁ〜ずあたりの吹き替えで
再リリース希望。
しかし、そうなると、もはや、原型とどめてない?

<関連商品>
BOOK:皇帝ペンギン -La Marche de l'empereur- (大型本)

JUGEMテーマ:映画
映画レビュー(洋画) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ロシュフォールの恋人たち / Les Demoiselles de Rochefort (1967・仏)

 60sでお洒落でフレンチ!でも踊りは下手。
LES DEMOISELLES DE ROCHEFORT
★★★☆☆
123分/カラー
監督・脚本:ジャック・ドゥミ
出演:フランソワーズ・ドルレアック、カトリーヌ・ドヌーヴ、ジーン・ケリー、ジョージ・チャキリス、ダニエル・ダリュー
音楽:ミシェル・ルグラン

フランスのもろ60sなオシャレっ子のド定番映画。
お洋服とか音楽とか全てがとってもオシャレで素敵。
女の子には激しくおすすめ。
が、踊りは微妙?
ウェストサイド物語的集団ダンスが多く、
しかも、みなさんそこそこ下手?
集団ダンスは、やっぱりインドに限るな。

<関連商品>
CD:ロシュフォールの恋人たち リマスター完全版

JUGEMテーマ:映画

映画レビュー(洋画) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

邪眼:ル・デルニエ・クリ (1997・仏)

90年代後半、ボアダムズとか好きな人用、ノイズアニメ。

★★★☆☆
30分/カラー
監督:パキート・ボリノ、キャロリーヌ・シュリー、ルラン

フランスのアート集団が作ったらしい、短編アニメ。
なかなかカッコイイし、つまらなくはない。

おそらく、ボアダムズのライブに足しげく通っていた
若かりし頃の僕だったらハマったかもな。
けど、今はもう、そういうのいいや…という感じ。
と思ったら、まんまと10年くらい前の作品でした。
音楽ドラジビュスだし、アップリンクから出てるし。

年を取ったな自分。ノイズとかは、もういいです。
そんな体力ありません。

ちなみに第7回広島アニメーションフェスティヴァル
参加作品だそうです。


<関連商品>
DVD:邪眼:ル・デルニエ・クリ
JUGEMテーマ:映画


映画レビュー(その他) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

コミック・ストリップ・ヒーロー(旧邦題:殺人ゲーム) / JEU DE MASSACRE/COMIC-STRIP HERO (1967・仏)

ギィ・ペラートのイラストだけは心躍る。が、他は普通。
コミック・ストリップ・ヒーロー
★★☆☆☆
96分/カラー
監督・脚本:アラン・ジェシュア
音楽:ジャック・ルーシェ
出演:ジャン=ピエール・カッセル/クローディーヌ・オージェ/ミシェル・デュショーソワ/エレオノール・イル/ギィ・サン・ジャン

パッケージがマンスフィールドのジャケなどでもおなじみ、ギィ・ペラートのイラストだったので、見てみた。イラストと実写がチープに合成されたモンドでサイケでちょっとイカレたカルト映画なのかなぁなんて期待してたんだが、いやぁこれがびっくり、ごく普通のサスペンスつーかなんつーか。確かに多少はアートっぽい演出もあるんだが、かなり地味で中途半端。左とん平っぽい声でシャウトなテーマ曲(?)も、いいようなそうでもないような。惜しい。でも、ギィ・ペラートのイラストがさらさら描かれていく様なんかはすっげーー楽しい。そこだけなら何度も見たい。

<関連商品>
CD:コミック・ストリップ・ヒーロー
映画レビュー(洋画) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ピアニスト / LA PIANISTE (2001・仏・オーストリア)

ピアニスト
★★★☆☆
131分/カラー
監督・脚本:ミヒャエル・ハネケ
原作:エルフリーデ・イェリネク
出演:イザベル・ユペール/ブノワ・マジメル/アニー・ジラルド/アンナ・シガレヴィッチ/スザンヌ・ロタール

へ??!何??終わり??キョトン。観賞後はこんな反応。変態ピアニストのおばさんと性欲絶頂な若者の愛憎劇なんだが、終始理不尽。つか、このおばさんの行動が常にきもい。不愉快。いっさい共感できず。ポルノ屋で前の客が使い終わって捨てたティッシュを何故嗅ぐ!?人の情事をのぞきつつ何故放尿!?鏡で見ながら何切ってんの!?母親に愛してるつって襲いかかるのもわけわからん!アメリもそうだったけど、フランスのモテない女が恋する話ってなんでこうも怖いのか。映画としてはネガティブな感情がうずまいていて正直だいぶ素晴らしい出来だとは思う。が、好きか嫌いかでいえばかなり嫌い。前にもこういうテイストの映画どっかで見たなぁと思ったら、案の定、監督がファニー・ゲームの人...。納得。確かに同じ胸クソの悪さだ。でも、どっちかつーと、ファニー・ゲームのがまだいい。中流階級の幸せそうな家族を無駄に皆殺しって方がよっぽどわかりやすいもの。どうしても自分を傷つける人には感情移入しにくい。
映画レビュー(洋画) | permalink | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |

シャルロット・フォーエバー / CHARLOTTE FOR EVER (1986・仏)

シャルロット・フォーエバー
★★☆☆☆
監督・脚本・音楽:セルジュ・ゲンズブール
出演:シャルロット・ゲンズブール/セルジュ・ゲンズブール/ロラン・ベルタン

なまいきシャルロットはシャルロットの魅力が全然出てない!っつってゲンズブールオヤジが自ら作ったシャルロット映画だそうです。はぁ。ゲンズブールって...。思ったより親近相関やロリな雰囲気はなく、けっこう純粋に親が子供を愛している感覚ってのは伝わってきましたが、やっぱどっかおかしい感じ。つか、ナルシスト全開。シャルロットより俺全開。シャルロットが宿題やってるとこで、ゲンズブールがどうでもいい質問にどうでもいい俺なりの回答をしていくところなんか、ある意味オタクの無駄に長い自己紹介みたいな。まぁ、いい年こいてエキセントリックな俺自慢してるのが案外かわいらしく思えるから不思議。ギャロだったらきっとムカつく。で、シャルロットはというと、風呂場で踊ってるシーンがたまらん。でも、その他のシーンはだいたい暗くて、なんか魅力半減。もっと明るい場所でキュートなシャルロットがみたかったわ。ちなみに話は滅法つまらん。

<関連商品>
CD:魅少女シャルロットCHARLOTTE FOR EVER
※どんな放題だよ。いいじゃん、シャルロット・フォーエバーで!
映画レビュー(洋画) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

僕の妻はシャルロット・ゲンズブール / MA FEMME EST UNE ACTRICE/MY WIFE IS AN ACTRESS (2001・仏)

僕の妻はシャルロットゲンズブール
★★★☆☆
95分/カラー
監督・脚本:イヴァン・アタル
出演:シャルロット・ゲンズブール/イヴァン・アタル/テレンス・スタンプ/ノエミ・ルボフスキー/リュディヴィーヌ・サニエ

シャルロットてこんな風に成長したんだねぇ。顔とかほっそりして、ちゃんと美人さんになったね。体型もあいかわらず華奢で足長、まぁ服の似合うこと。が、なんでしょう。魅力的には違いないんだけど、なまいきシャルロットのときの衝撃というか見てるだけでため息が出るくらいの感じがない。だいぶキレイでカワイイんだけど、他にもこれくらいの女優さんならいそうな。やはり若さつーのはそれだけでものすごい価値があるんだな。内容はというと実生活のパートナーが監督脚本主演だからもっとドキュメントタッチなのかと思ったけど、完全にドラマじゃん。つまんなくはないけど、ちょっと違うなぁ。つか、シャルロットをもっと見せろ。そういや特典で入ってたイヴァンとシャルロットの会見映像。なんか2人とも全くオーラがないんですけど。シャルロット、すげ普通。ちょい悲しい。あと、タバコ吸ってるのも悲しい。なんか細い女の人がタバコ吸ってると可哀想に見える。体調悪いんじゃないかなぁと。ザ虚弱な己が言うなとつっこまれそうだが。

<関連商品>
CD:僕の妻はシャルロット・ゲンズブール/サントラ
映画レビュー(洋画) | permalink | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |

なまいきシャルロット / L' EFFRONTEE (1985・仏)

なまいきシャルロット
★★★★☆
監督:クロード・ミレール
音楽:アラン・ジョミイ
出演:シャルロット・ゲンズブール/ジャン=クロード・ブリアリ/ベルナデット・ラフォン/ジャン=フィリップ・エコフェ

セルジュ・ゲンズブールとジェーン・バーキンの娘ってだけで、えらい血筋なシャルロットなわけですが、実のところ大してよく知りませんでした。映画も歌も。おしゃれっこのカリスマ?なわりに写真とか見る限りじゃそんなかわいくないじゃんと、そう思っておりました。が、謝ります。かわいいとかなんとかでなくて、とにもかくにも魅力爆発!輝きまくり!ストーリーは冴えない田舎町の娘が同じ年の都会的なピアニストに憧れて町から出る夢を見るけど、本当に自分を必要としてくれているのは身近な人たちだったみたいな、なんてことない内容。でも、シャルロットの憂いを帯びた目、華奢な体つき、その他とにかく全て、眺めているとため息が出る。ま、そんなわけでシャルロットがはっきりうつってないシーンになると途端に興味なくなる。シャルロットダイジェストでなら何度も見たい。それから、主題歌がまたたまらん。あの曲でシャルロットの映像。理由もなく泣きそう。ちなみに特典でシャルロットのインタビューが入ってるんだけど、これまたウィスパーなしゃべり方で...はぁ、グッときすぎてまたため息。

<関連商品>
CD:Collection/Ricchi E Poveri
※名主題歌“sara' perche ti amo”が収録されてる模様。
映画レビュー(洋画) | permalink | comments(2) | trackbacks(3) | pookmark |

橋の上の娘 / LA FILLE SUR LE PONT (1998・仏)

橋の上の娘

★★★★☆
92分/モノクロ
監督:パトリス・ルコント
出演:ダニエル・オートゥイユ/ヴァネッサ・パラディ

尻軽幸薄女が自殺しようとするとナイフ投げの男にスカウトされ、名コンビ誕生な物語。映像や音楽のセンスはこじゃれていていかにもフランスの恋愛映画なわりに話のテンポがよく、人間関係もまぁあっさりしていて気持ちよい。2人でいるとツキまくり、1人になるとあいかわらずツイてない生活に戻ってしまうわかりやすい演出も好感がもてる。つか、ヴァネッサ・パラディ貧乳だけど美人じゃないけどキュートだ。
映画レビュー(洋画) | permalink | comments(2) | trackbacks(2) | pookmark |

アレックス / IRREVERSIBLE (2002・仏)

アレックス
★★★☆☆
98分/カラー
監督・脚本:ギャスパー・ノエ
音楽:トマ・バンガルテル
出演:モニカ・ベルッチ/ヴァンサン・カッセル/アルベール・デュポンテル

おフランス産メメント。以上。映画の説明終わり。なんの予備知識もなかったので、エンドクレジットからはじまったのがどういう事かわからず、ボケーっと見始めてしまい「???」。30分くらい経ってやっと仕組みを理解。メメントもそうだけど、どうってことない話でも逆につなげるとゲーム感覚で楽しいね。ただ、この手法をそう何度も使ってもらっても困るけど。で、内容的にはゲイクラブやレイプなどのシーンがやたら長く胸クソ悪いようにできている。でもラストが安い。この監督ってネガティブな感情表現は非常にうまいんだけど、愛とか言い出すと途端につまんないのは何故?つか、前作「カルネ」の娘とやりたい親父が冒頭無駄に出てきて、「娘とやって逮捕された」と告白している。結局そういう展開でしたか、カルネは。なんだかなぁ...。でも、これもなんだかんだでフランス映画にしては眠い中飽きずに最後まで見れたので上出来だと思います。ちなみに音楽は嫌な雰囲気をうまくだしている。と思ったら、ダフト・パンクじゃん!へぇ。

<関連商品>
DVD:アレックス
CD:Irreversible/O.S.T.
映画レビュー(洋画) | permalink | comments(8) | trackbacks(6) | pookmark |

カノン / SEUL CONTRE TOUS (1998・仏)

???Υ?
★★★☆☆
93分/カラー
監督・脚本:ギャスパー・ノエ
出演:フィリップ・ナオン/ブランダン・ルノワール

カルネという短編映画の続編だそうだ。公開当時、ラスト付近で「ここから先は衝撃シーンなので30秒以内に映画館を出てください」といった表示がされると話題になっていたので、どんなもんかとついに鑑賞。話は、まぁ金も名誉も友達もなんにもない人格すら最悪なダメおやじがひたすら自分を幸せにしない世間=主にフランスに対して文句を言ってるだけ。とにかく会う人会う人ブチ殺したい、娘とやりたい、などなど常に悶々としている。で、肝心の衝撃シーンは...まぁそんなもんか。ただ、追いつめられて完全にパニくった後、正常な娘が目の前にいて、安堵するところは「まともになりたい」という声が聞こえてきそうで、泣けた。が、どうやらそうじゃなかったみたいで、結局、愛を理由に、全然まともになろうとしないまま終了。がっくり。俺の涙を返せ。というわけで、愛だのなんだのってあたりはいらないが、なんでも一人で勝手に憎みまくって勝手に納得して何事もなく底辺で生きてる感じや90分程度なのに3時間くらいあったんじゃないかって思うほどに退屈な雰囲気はなかなか面白い。フランス映画にしては上出来。
映画レビュー(洋画) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |